病院でのアドバイスと排卵検査薬の結果が違う時

病院でのアドバイスと排卵検査薬の結果が違う時

 

排卵検査薬で妊活する時、病院に通ってタイミング指導を受けるか、自分で排卵検査薬を使ってタイミング法に挑戦するか悩むものです。
病院と排卵検査薬での自己流妊活を比較すると、やっぱり正確性では病院でのタイミング法が上です。
排卵検査薬では、排卵の有無はわかりませんが、病院での卵胞検査であれば、排卵の有無までわかります。
病院でのタイミング指導と排卵検査薬でのタイミング法は費用の面でも比較できないほど、病院の方がやはり高いです。
特に生理周期が安定していないで、何回も卵胞検査に行かないといけない人は、病院の検査費用がかなり高額になりやすいです。
1回の卵胞チェックで、大体の場合2000円~3000円程度の費用がかかります。
5回程度通った場合、それだけで1万円以上になってしまうので、やっぱり市販の排卵検査薬を使ってタイミング法に挑戦するよりも、割高になります。
ただし、市販の排卵検査薬でも、国産の排卵検査薬を何度もリピ買いした場合は、病院と同じくらいの費用が掛かってしまう可能性がありますので要注意です。
効果的な妊活をするには、やっぱりそれだけお金がかかるっていうことなんですね。
人工授精も体外受精も、レベルが上がるごとに費用が倍になりますからね。

 

 

 

妊活をするのに『夫婦の話し合い』が必要

 

排卵検査薬での妊活をするのに『夫婦の話し合い』が必要です。
最近は社会で働きたい女性も増えて、仕事を続けたいために子供を欲しくないと言う女性もいますし、経済的な面からあんまり子供を望まないという男性も少なくありません。
そのため、夫婦そろって、意見がなかなか合わないケースもあります。
片方がどうしても子供は欲しいと排卵検査薬での妊活を望んでも、相手がそれに同意しなければ、なかなかうまくいかないものです。
排卵検査薬は特に女性が中心になって行う妊活方法なので、女性が特にやる気がないと、なかなか妊活が進みません。
そして、ようやく排卵検査薬で陽性反応が出たとしても、男性がその時にちゃんと協力をしてくれないと、やっぱり子供ができません。
「仕事が忙しい」とか「疲れている」とか、色々な理由で子作りを断れる女性の話はよく聞きます。
旦那さんの仕事を理解していても、やっぱりいつも同じような理由で断れてしまうと、女性も自信がなくなってしまいます。
卵検査薬を利用した妊活ではお互いの協力が必要になりますので、まずは最初に子供が欲しい事や、協力をしてくれるように、腹を割って話すしかありません。
納得して妊活に挑まないと、やっぱり子作りはなかなか上手くいきません。